メガガンダムにLEDを仕込む

個人的に製作していたメガガンダムですが、行き掛かり上
LEDを仕込む事になったため、其の工程をまとめておきました。
結果的には非常に簡単で、作業に要する時間は30分程度です。
「電気はちょっと・・・」と言うお客様も多いとは思いますが、
必要な知識は小学校の理科程度。
+-と3Vの意味が判れば誰でも問題は無いはずです。


クリアパーツの後ろの白い部品の突起を切除し
其の部分に弊社のバルブユニットを接着。
このLEDの性能は3V仕様で白色の高輝度タイプ、
指向角度は130度。
要するに電池は2本必要で、光原から130度の
角度で光ると言うもの。
クリア部品がイエローなのでLEDは白色が最適。
MGガンダムに仕込む場合は、若干LEDを下げて
光通路を透明の接着材で作りますが、今回は画像のように
接着するだけで十分です。
頭のパーツに組み込み後、余計なところから
光が漏れないように、目の正面以外はシルバーの後に黒を
吹いておけばOKです。


リード線は2本ずつプラスとマイナスを其々結線。
首のポリキャップから機体に入るように延長しておきます。
結線は半田付けをし熱収縮チューブで絶縁すれば完璧です。


電源はボディーに挿入。
単5電池ダブルの電池ボックスが最適でした。
一部のリブが干渉するため、其の部分は切除。
リード線を噛み込まない様に、ボスの一部も切除。




スイッチはランドセルの脱着が容易なので、其の部分に装着。
スイッチの可動部分を四角くくり貫く方法は、ピンバイスで穴を開け
それを繋ぎ、ナイフで広げヤスリで仕上げます。


電源、スイッチ、LEDのリード線を結線。
長いリード線は適当な長さに切り、作業に必要な最低限
の長さにします。
部品は電池の入れ替えを考え、接着はしない事。


組み立て後、後ろから


組み立て後、前から


スイッチON

簡単な工作でしょ!!


戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ