精密メッキパイプ(4種)



オートバイ模型を作るとき、問題になるのはフロンフォークのメッキ部品でしょう。
メッキされていても、パーティングラインの処理をするために落とさなくてはならず、
メッキされていなくても色を塗る必要もあり、実物のメッキ色に苦労することになります。
そんなモデラーさんからリクエストを受け開発を行ったのが今回の商品です。

1/12スケールの多数のオートバイキットから寸法を採集し集計を行い
4つのサイズを選択しました。
一般に出回っている規格パイプを切断しメッキを行ったスリーブのような物ではなく
専用に切削加工を行い、クロームメッキを施した製品です。

また付加価値として、パイプ同士に勘合を持たせる設計を行っていますので
組み立ての際に有利になるだけではなく、キャラクターモデルでのシリンダー部分に
使用することもできます。
勘合することで可動軸として使用したり、組み立て時の中継ぎにも使用できます。

非常に肉厚が薄くなっていますので、ナイフなどで容易に希望寸法への
切断が行えるでしょう。

実物同様のクロームメッキ処理を行いますので、模型のプラスチック部品
に処理されたメッキよりも落ち着いた色調になります。

コード
名称 カッコ内は公差
外径
内径
肉厚
長さ
ANE-0207
精密メッキパイプφ3.6(+0-0.1)
φ3.6mm
φ3.2mm
0.2mm
35mm
ANE-0208
精密メッキパイプφ3.4(+0-0.1)
φ3.4mm
φ3.0mm
0.2mm
ANE-0209
精密メッキパイプφ3.2(+0-0.15)
φ3.2mm
φ2.8mm
0.2mm
ANE-0210
精密メッキパイプφ3.0(+0-0.15)
φ3.0mm
φ2.4mm
0.3mm
ANE-0207とANE-0209、ANE-0208とANE-0210が勘合します。
※勘合を優先するように、外径には公差を設けています。
メッキ厚の制御が非常に困難な為、外径は呼び寸法より
マイナス方向に振っています、ご了承ください。

材質:真鍮 表面処理:クロームメッキ



《商品イメージ》
(3D-CADによるCGです)


《組み合わせた際のイメージ》
3mmクラスの真鍮パイプで、この薄さは規格パイプでは存在しません


パイプの切断に関して
この製品を使用する際、任意の長さに切断を行う事が考えられます。。
切断方法はパイプカッターを用いるなど、何通りか考えられますが
簡単な方法を公開しておきます。

切断を行う部分に、ガイドとしてテープを巻きます。


切断には、良く切れるカッターナイフなどを使用します。
刃を長めに出し、刃を全体に使いながらコロコロと回します。
(あまり強く押しつける必要はありません)


十分に切れ目が入ったら、指で軽く折れます。
バリは綺麗に処理してください。


キットのパーツに挿入したところ。
穴を開ける際は、小さなドリルから徐々に大きくしていくのが
綺麗に開けるコツです。



ANE-0207 精密メッキパイプφ3.6mm(2本入り)
ANE-0208 精密メッキパイプφ3.4mm(2本入り)
ANE-0209 精密メッキパイプφ3.2mm(2本入り)
ANE-0210 精密メッキパイプφ3.0mm(2本入り)
クロームメッキ処理製品
各630円


好評発売中

当然、日本製!!


戻る
戻る
直前のページへ
直前のページへ