AdlersNest

46cm徹甲弾の組み立て


1/50 46cm徹甲弾を実際に組んでみました。
作り方には個人的な方法が有ると思いますので、一例として参考にしてみてください。


作業をしやすいよう、製品ではツールで咥える事を前提にした設計を行っています。
このまま作業の最後まで進める事が出来ます。
塗装前の準備として、このまま洗浄機に入れるなり中性洗剤で洗うなりし
表面の汚れを除去します。


洗浄し乾燥させた後、メタルプライマーを吹いた後、白を吹きつけます。
艶はお好みですが、最後に調整すればよいので私は光沢の白を選びました。


先端の塗り分けを吹き付けで行う際、マスキングは幅が狭く曲面になじむ
伸びの効くテープを使用してください。
一般のマスキングテープでは浮きが生じます。


先端の緑と赤を塗装し、デカールを貼ります。
完全乾燥後にお好みの艶の加減でトップコートを行ってください。
私は3分艶程度にしてみました。


この段階で部品を分割します。
プラニッパーを使用すると刃を痛めるので、必ず金属用のニッパーを御利用ください。


あとは向きを間違えないよう弾帯と組み合わせます。
もともと組み合わせの寸法はシビアに作られていますので、塗料が多少付いた分
厚みを増しているので、接着しなくても十分な感じです(心配ならば多少の瞬着を使用してください)
今回のサンプル製作では先端の赤に下地の白を省いた分、発色が悪くなってしまいました、次回の教訓に致します(汗